アパート経営を行う時の資金について解説

アパート経営を始める時に必要な資金については、ケースバイケースなので一概には言えませんが、最低でも購入予定のアパートの価格の2割は必要であると言われています。購入予定のアパートが5000万円ならば、最低でも1000万円は必要ということです。これは不動産投資ローンを組むために2割程度の頭金が必要であることが関係しています。もちろん、資金は多ければ多いほうがリスクを減らせます。5000万円で購入をしたアパートでも10年後には3000万円まで価値が落ちてしまっている可能性がありますが、頭金を2000万円入れておいたならローンを返済できなくなってもアパートを売却することでローンを完済できるので、少なくともローンで破綻をするリスクはかなり小さくすることができます。

本人の属性が良好ならばフルローンも組める?

アパート経営を行うとき、フルローンを組むことはかなり難しいです。住宅ローンでも公務員や大企業の社員でなければフルローンを組むことは難しくなっていますので、住宅ローンよりも難しいと言われている不動産投資ローンでは、なおさら頭金ゼロでは難しいです。しかし、十分な年収を得ている人で、いざとなったら本人の給料からもローン返済にあてられるならば、フルローンが組める可能性もあります。収益性の高い優良な物件を選ぶということも1つのポイントとなります。不動産投資ローンはアパート経営をすることによって得られた家賃収入で月々の返済を行いますので、一番大切なのは安定して家賃収入を得られるということです。地方で人口減少が進んでいるエリアの場合には築年数が浅くて綺麗な状態のアパートでも入居者を集めるのに苦労をすることが予想されるので不利になります。

資金だけでなく、年収の条件も重要になる

不動産投資ローンでは年収600万円以上といった条件がつけられているケースが多いです。中には年収800万円以上というようにかなり高いハードルが設けられていることもあります。そして、属性の良い人ほど金利が低いローンを組める可能性があります。年収が高くて安定した収入が見込める人は、いざとなったら家賃収入だけでなく給料からも借金を返済してくれることが期待できるので有利になります。また、金利の条件は頭金の金額にも影響してきます。5000万円のアパートを購入する場合で、利息を含めた総返済額が6000万円になるケースと7000万円になるケースではリスクがかなり違ってきます。金利が高いローンを組む場合ほど、リスクを下げるために頭金を多く用意しておくことが重要になります。