アパート経営にはどんな資金がかかるのか

不動産投資として人気があるのが賃貸物件を作って貸し出し、その賃料収入を得るというものです。種類としてはマンション、アパート、一戸建てなどがありますが、その中でも収益率が良いのがアパートです。アパートであれば手頃な費用で建てることができますし、また複数の入居者が利用するので空室率によるリスクをヘッジすることができます。しかし、賃貸物件による不動産投資は金融投資とは異なって、単に売買すれば利益を得られるというものではなく建物を作るためや入居者を募集するといったさまざまな経営センスが必要になります。このため賃貸物件による不動産投資はさまざまなノウハウが必要ですし、経営に必要な投資資金も必要になってくるため、はじめるさいにはアパート経営の知識を学んでおく必要があります。

アパート経営をはじめるのに必要な費用

アパートを建てるための費用としては土地の取得費用、アパートの建設費用などがあります。土地に関してはもともとあった土地を有効利用しようということであれば建設費用だけで済みます。土地の価格は場所によって変わってきますが、成功させるためには立地が重要になります。そのような土地は購入するとなると相応の費用が必要です。建物の建設コストは、1平方あたり12万円から15万円が相場で総建築費は8戸の場合には一人暮らし向けでは2000万円から5000万円です。ただし、これらは建物本体の工事費用であり外構などは別に必要で、数百万円程度必要になりますし、また建物の利用を開始するためには登記に関する諸費用や火災保険などが必要で、100万円から200万円程度掛かってきます。このため資金としては規模にもよりますが、5000万円から6000万円程度は用意しておく必要があります。

経営ではランニングコスト計算も重要

アパートとする建物を建てることができても、アパートを経営していく上ではそのほかにもさまざまな必要な費用が発生します。これらランニングコストとしては建物管理費用や建物を健全に維持するための修繕費、また時間とともに老朽化する設備の修理や交換などのほか入居者が退去した場合には新たな入居者募集のための費用、また入居者への対応をするための管理費用などです。また共用部分の水道光熱費や消耗品の交換も必要になります。特にアパート経営では、建物の維持管理はオーナーにありますから、修繕費用は家賃収入から積み立てておく必要がありますし、将来的な大規模修繕費用を行うための資金も考慮する必要があります。このためアパート経営では将来的な計画とランニングコストを考えて行う必要があります。

当社は【土地が無くてもできるアパート経営】をご提案しております。 東京、福岡、大阪、名古屋、広島、宮城、岡山にてアパート経営が行えます。 スタッフブログをHPにて掲載しておりますので各支店頑張るスタッフの様子を覗いてみて下さい。 劣化対策等級<等級3>を取得するほど、頑丈できれいな建物なので、メンテナンスコストは大幅に抑えられます。 アパート経営で資金を有効活用